ブログトップ

「撮っておき高槻」

sera1950.exblog.jp

私の写した「今日の高槻」をご紹介します。

<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0167310_836028.jpg

高槻の女性陶工家平井友美さんのお家です。扉も手製で素敵なのが完成していました。

f0167310_8404025.jpg

玄関脇にふうせんかずらの実が生っていました。かわいいですね。茶色くなった実を下さいました。

f0167310_845434.jpg

実の中にはお猿さんみたいな顔をした5mm位の大きさの種が3つ入っていました。最近、平井さんは野良犬を飼われたそうです。すでに犬小屋が置いてありました。伺った時はご実家に預けられて残念ながらワンちゃんとのご対面は出来ませんでした。平井さんのお家はまるでテレビで放送されているTOKIOの「ダッシュ村」のようです。自然の中で暮らすと自然にいろいろなこととかかわるようになるのですね。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-31 08:53 | 人物
f0167310_1952428.jpg

平井友美さんは芸大卒業のあと沖縄で修行されました。床の間の壁は沖縄の土で作るようにとお祝いに沖縄から贈られてきたそうです。良い色の赤い壁ですね。床の間を見るたびに思い出されることでしょう。三線(沖縄の楽器さんしん)が置いてあります。いつか聴かせてほしいです。

f0167310_19523573.jpg

土間には作品を乾かす棚が作られています。作品を早く見たいですね。きっと土の温かみと素朴さが味わえる作品でしょう。

f0167310_1954232.jpg

庭の空いているところに野菜やブルーベリー、サフラン、柚子など植えておられます。友美さんはお料理もお上手で柚子クッキーが好評だったそうです。私が「ネットで売ったら?」と勧めてみました。本当は私が一番食べてみたいのです。サフランは買うと高いので育ててパエリアを作られるそうです。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-30 19:59 | 人物
f0167310_9202681.jpg

出灰から中畑の陶工家平井友美さんを訪ねました。6月にも訪れています。6月の記事はこちらです。窯作りや家の改造が進んでいました。右端に写っている方が平井さんです。中畑での様子をみんなで聞いているところです。

f0167310_9265086.jpg

「考える人」と「写真を撮る人」です。考える人が座っているロッキングチェアは平井さんの先輩が作られたそうです。

f0167310_9393396.jpg

先輩が作られた庭から道へ下りる階段です。

f0167310_9403433.jpg

もともとあった井戸に先輩が石垣を作られました。

f0167310_9285894.jpg

平井さんが芸術大学の柔道部で活躍されていた時の先輩だそうです。芸術大学でいろいろな学部の友達や先輩がおられて、それぞれ得意分野がありお手伝いして下さっているそうです。こちらの先輩は庭作りなどの専門で、ロッキングチェアの製作者です。こんな先輩ほしいですね。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-29 09:36 | 人物
f0167310_913329.jpg

樫船神社のお祭りも10月19日(日)に行われました。出灰の後、樫船神社へ向かいましたがちょうどお神輿が出たところでした。

f0167310_9145868.jpg

6月にも樫船神社行ってます。その時は裏側から行ったのでこの石段を登るのは今回初めてでした。6月の記事はこちらです。

f0167310_921258.jpg

鳥居の真ん中にお供えがありました。

f0167310_9263093.jpg

お大根と人参の拍子切りに雑魚を紅白の水引で結んでありました。

f0167310_9224989.jpg

紅葉もきれいでしょうね。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-27 09:30 | お祭り
f0167310_207189.jpg

この景色、懐かしい良い風景だと思われませんか?私のおばあちゃんもこんな風に軒下になにやかんや干して手入れして、お誕生日にはお赤飯を作ってくれたり、干ししいたけを作って煮いてくれたりしたものです。最近はあまり見かけなくなりました。何でも使いやすいように加工して売ってありますからね。便利になった分、何でも出来る知恵がなくなったと感じる今日この頃です。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-26 20:11 | 風景
f0167310_1537723.jpg

カタツムリを沢山見かけました。スイカにカタツムリがとまっていました。

f0167310_15394813.jpg

虫の食事風景です。気持ち悪かったらごめんなさい。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-25 15:40 | その他
f0167310_22274712.jpg

石垣に元気にいろんな花が咲いていました。キバナコスモス・サボテン・・・こちらは冬は雪も積もるのに石垣にサボテンの花が咲くのが不思議ですね。

f0167310_2229045.jpg

ユリも咲いていました。

f0167310_22305916.jpg

お茶の花です。お茶も作られているのですね。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-24 22:31 | 植物
f0167310_914977.jpg

出灰のバス停へ行ったら手作りの「出灰伝説絵図」が置いてありました。田渕さんと下村さんという方が作られたようです。絵図の端に名前が書いてありました。残念ながらちょっとはげてきて、見えにくいところがあります。

f0167310_917426.jpg

絵図には番号が書いてあり、隣の看板に番号の場所の名前が書かれていました。ハイキングコースになっているのでいつか機会があったらゆっくりと歩いてみたいと思いました。このような手作り絵図を残そうと考えられたお二人や「芥川仇討ちの辻」の看板を残された中西七丘さんは高槻の誇りですね。高槻のええとこの一つです。

「芥川仇討ちの辻」の看板の記事は2004-10-29(金)に掲載しています。
こちらからご覧下さい。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-23 09:16 | その他
f0167310_844240.jpg

この橋は「出灰橋」です。この橋を渡ると京都市西京区になります。1957年の合併で樫田地区は大阪府高槻市になりました。この川下に三国橋があります。昔、摂津国と丹波国と山城国の境にあったのでそんな名前がついたそうです。両国橋もあります。

f0167310_9131323.jpg

[PR]
by sera1950 | 2008-10-22 09:13 | 風景
f0167310_9394995.jpg

高槻のええとこブログ取材班が出灰(いずりは)にお住まいの方にインタビューしているところです。左から2人目に写っている男性が出灰にお住まいの方です。ご夫婦でこの地に引っ越してこられました。赤ちゃんがおられて、お祭りでも赤ちゃんを見るとみなさんが笑顔になられて和やかな雰囲気になりました。私たちから考えると出灰はとても不便に思いますが、車があると便利なところですと仰っていました。この方は大阪で学校の教師をされています。出灰の良いところ、悪いところ、すべてを書き出して比べても総合するとやはり出灰は良いところだそうです。お酒も飲まれなくなったそうです。家に帰るのが楽しくて、早く家に帰りたくて、出灰のバス停に着いて冷たい空気を吸うとほっとされるそうです。お友達に引っ越してこられるように勧めておられるそうです。旦那さんの帰りが遅くて困っておられる女性は引越しを考えられたらいいかもわかりませんね。
[PR]
by sera1950 | 2008-10-21 09:53 | 人物